【PX-S1UD】Ubuntu14.04上でMirakurun+Chinachuな環境を作ってみた

どーも、はるろいどです✊

ちょっと前にPSPを壊してしまい、部活の友達にお願いして202HWとPSPを交換してもらったのですが、それのせいでテレビがなくなってしまいました。

で、ツイッタァ上で「だれか3.5kでTS抜きチューナー売ってくれ〜」と言ってみると、全弱㌠という方が3000円でPX-S1UDを売ってくれるとのこと。

こいつはラッキーだぜ、とUbuntu Server14.04のサーバー(このブログホストしてるやつ)で録画、ロケフリ視聴環境を構築してみました。

まず、このPX-S1UD(以後S1UD)はdvbというドライバを使用します。

しかし問題が発生します。なんとUbuntu14.04のデフォルトカーネル(3.13.0-*)に含まれているdvbのドライバにこのデバイスのIDが含まれていません。

巷では、カーネルソースを取得してIDを追加し再ビルドしてモジュールを入れ替えるというのがベターらしいです。

が、3.15からこのS1UDにデフォルトで対応したらしいので、15.04のカーネル(3.16)を使うことにします。

これは超簡単で、

とやるだけです。

正常にS1UDを認識すると、(他のdvbデバイスがない場合) /dev/dvb/adapter0というデバイスが出現します。

これができていたら第一の難関はクリアです。

次、recdvbコマンドをインストールします。

ほとんど

http://blog.lwlv.net/archives/825

を見て作業させていただきました。超参考になりましたm(_ _)m

これでrecdvbコマンドが使用可能になります。

試しに録画してみます。

僕の場合こうしました。チャンネル22(NHK神戸)を10秒間、test.m2tsというファイル名で録画するという意味です。

チャンネルはテレビで打つようなリモコン番号などではなく、電波の物理チャンネルです(テレビの信号診断とかで調べれます)

で、録画したファイルをなんとかして再生してみます。

僕はsambaのディレクトリに投げて携帯で見てみました。

正常に再生されれば成功です。

recdvbがCannot lock~~と表示する場合、チャンネルが合ってるか、アンテナがつながってるかなどを見てみてください。

真っ暗なときはB-CASがしっかり刺さってるか、カードリーダーが対応しているか等確認してみてください。

 

で、テストに成功したのでMirakurunを導入します。

Mirakurunのインストールは

http://qiita.com/h-mineta/items/28dddff08d5a52dedffb

http://qiita.com/seibe/items/36cef7df85fe2cefa3ea

を参考にさせていただきました。

Dockerの方法がナウい()らしいのですが、なんか上手くインストールできなかったし鯖に空きリソースが少ないという問題があるのでネイティブで構築しちゃいました。

インストールはこんだけです。めちょ簡単

次、チューナーとチャンネルの設定をします。

設定に入る前にテレビ等で映るチャンネルをすべて控えておくことをおすすめします。

とするとvimが開きます。宗教戦争誘ってるんだろうか(スクリプト覗いた顔)

まずキーボードのIを押します。書き込めるようになるので

中身全部消してこんなふうにします。

そしてEscを押したあと:wqと入力します。これで保存されます。

注意して欲しいのが、Chinachuでは–sid <sid>を含めるのに対し、Mirakurunは–sid引数を必要としません(ここで2日コケた)

次、チャンネルの設定です。

こればっかしは地域で違うので各自の環境に合わせてください(

同じくvimがひらくのでチューナーの時と同じように操作します。

僕のは

一部だけですがこんな感じです。

-nameからchannel:~までをコピペして増やして変えてください。

ここまでできたら、Mirakurunを再起動してみます。

できたようならログを見てみます。

エラーっぽいのが出てなかったら成功です。

録画テストしてみます。

22チャンネル(NHK総合神戸)を10秒録画するという意味です。終わったら転送して見れるか確認します。

 

できたらChinachuを設定します。

 

新しくユーザーを作って設定するのがベターらしいのでそれに倣います。

上でも紹介させてもらった

http://blog.lwlv.net/archives/825

やChinachuのWiki

https://github.com/Chinachu/Chinachu/wiki/Installation

を見てやりました。超助かりました(2回め)

1行目を実行するとパスワードなどを聞かれるのでちゃんと答えます。

ユーザーを変え、Chinachuをダウンロードします。

インストーラーを開き、Auto (full)を選択します。

スペックによりますが、ffmpegをビルドしたり等々するのでめっちゃ時間かかる上に重くなります。録画中にもメモリ消費が多いので、ブログとかが大事な人は別PCにBonDriver_Mirakurun+ECDBとかのがいいかもしれません…

インストールしたら、Wikiを見ながらぱぱっと設定をします。

https://github.com/Chinachu/Chinachu/wiki/Configuration

僕のはこんな感じとなっております

Mirakurunと連携する設定になっていますが、連携することによりほぼほぼリアルタイムにEPGが更新される等のメリットがあります。

recordedDirとかユーザー/パスワード、チャンネルとかは各自変更してくだされ。

チャンネルに関してはMirakurunで1回設定してるので書式変えて書くだけです…

あと、Wikiにも書かれている通り、最終行の”,”は忘れずに消してください。エラります

ちなみに、この設定でいくとファイル名は「[160811-0210][サンテレビ1]プリズマ☆イリヤ ドライ!!(第6話).m2ts」こんなかんじになります。

ぱぱっと仕上げして終わりです。

あとは

をした後、同じLANのブラウザから

http://IPアドレス:10772/

でつなげるはずです…

お疲れ様でした(何書いてるのかわからなくなってきた)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です