【iPhone 4s】GPPを使ってauのSIMロックを回避してみた

最近まめすのブログのコピーばっかつくってました…お久しぶりです

受験が一応終わったのでAmazonで大量に物を買ったのですが、そのなかにGPPのSIMロック解除アダプタがあったので使ってみました。

ちなみに、僕のiPhone 4sはau版です。

後でわかったけどau版のほうがSIMロック外して使う分には便利だったりします。

 

  • その1,装着

DSC_0091

パッケージはこんな感じです

基本的な使い方は

http://www.gpp.kingmobile.jp/gpp-sim-unlock.htm

に書いてあります。説明書みたいなのがパッケージに入ってなく、なんかのカードも中国語で読めませんでした

まあさすが中国って感じです(

DSC_0093

中身はこんな感じです

めっちゃシンプル

上から専用SIMトレイ,GPP本体,設定SIM,なんかのカード(?)です

DSC_0094

気になるほどじゃないけど若干純正トレイと色が違ったりします。

で、まずは本体のキャリアをGPPに書き込む為に設定SIMを使用します。

DSC_0095

が、こいつが曲者で、分厚すぎてiPhoneに入りません…

削る

しかも、説明ページには分厚くて入らなかったら削れとか書いてある…

なんだその品質管理って感じ(中国にはそんなもの無用)

仕方ないので紙やすりで適当に削りました。

 

  • その2,設定

設定SIMを入れるとキャリアの選択画面が出ます(スクショ取れなかった)

できるだけ早く自分のキャリア(俺は au)を選びます。

なんか長かったらアクティベーションしろって出るらしいです。

image03

で、ちゃんと選べたら了解かキャンセルを押します。すると勝手に端末が再起動するので設定SIMを抜きます。

次、使いたいキャリアのSIMを入れます。

僕は持ってる唯一のSIMである楽天モバイルのクソ遅通話SIMを挿してみました

image04

おおすごい

挿してちょっと待ったらちゃんと認識しました。

image01

apn設定を開いてみると、香港の3のapnがセットされてます。多分これ、auがローミングするときにつかうapnじゃないかな…

auの国際ローミングが使えるガラケーに刺さってるSIMも香港3製だし多分間違いなさそう

ちなみに、Softbank版だとこのapn設定を開けなくされてるので設定プロファイルを使う必要があります。ロック解除して使うならau版が断然おすすめです。

  • その3,総評

image02

普通にネットにもつながります。電話もできます。言うことなしじゃん…

ただ、ちょっとpingが長いかな?って感じ

image00

あといちばん驚きだったのがテザリング使えたことです。

ほんとにau版いいわこれ

4sの寿命が3年ぐらい伸びましたw

こんなに簡単にSIMロック外せるなら十分に中古4s買って電話にする価値はありそうです。みなさんも4s買いましょう!(

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です