【iPhone 4S】UbuntuなPCでiOS6.1.3にダウングレードしてみた【SHSH無し】

友達からiPhone4Sをもらったって話をTwitterでしたらKRTじいさんからダウングレードを勧められたのでやってみた

結果から言うと結構トレードオフ感はあったけど快適に動くようになった

(何が気に入らないかって、動画見てる時にステータスバー下ろしたら動画が止まるんだよね…)

さて、まず方法から…と言いたいところだけど、正直方法なんてあっちこっちで書いてある。

でも、Ubuntu(というかLinux)でやってる記事はあんまり見かけなかったので書いてみることに

ツールのREADMEには「Linux版はノーチェックだから壊れても知らないよ」って書いてあったけど普通に使えた。感謝感謝

僕の環境はUbuntu 14.04 x86_64です

参考にしたサイト:

http://www.firstsync.net/notebook/7212/

http://www.firstsync.net/notebook/7229/

まず、

https://www.dropbox.com/s/ms6fcqfz4lhb5kb/odysseusOTA-v2.2.zip

こいつを落とします。どのページにもLinuxで使えるとか書いてなかったですが、macosとlinux64というディレクトリがあるので一応64ビットなlinux環境用のバイナリは用意してくれてるみたいです。

展開して、これのlinux64のディレクトリにcdします。

んで、基本上の2個めのサイトのやつコピペで済むんですが、共有ライブラリが足りません。手動でmakeします。

調べてるとこんなのを発見

http://dpaste.com/2GZXFAY.txt

まあdebian用だしUbuntuで動くっしょ(

ちなみに、ArchとかFedoraとかはこんなことしなくてもパッケージが用意されています。

なんでやdebian…

※make installとln -sはrootじゃないとできません。rootで実行するかsudoつけてください

ここまでは普通に通ったのですが、曲者はlibplist.so.3。githubの方は古いらしく、古いパッケージを要求してきてautogenが通りません。

そこで、公式サイト(?)にあるソースを使います。

が、こいつにはautogenがありません。普通に./configureするといけます。

(もしかしたら、libxml2とlibxml2-devを入れないといけないかもです)

これでとりあえずidevicerestoreが動くようになりました。

またあとは上サイトの手順にそって行くだけです。

lsusb

lsusbをして、一応認識されてることを確認します。

ドライバいらないのか…

で、やってるうちに

 

でソケットにつながらない的なエラーが出ます。

DFU

権限を持ってないようで、sudoつけてやりました。

finished

↑成功したらこんな感じになります。

結構長いですが、画面にリンゴマークが出てたらほぼ成功です。

 

IMG_20151019_163751

wkwk

IMG_20151019_164200

や っ た ぜ

無事に6.1.3になりました。Linuxでもできたしヨカッタ…

ちなみに、これからアップデートすると8.4.1になるみたいで、9.0.2にしちゃったけど8.4.1にダウングレードしたい

みたいな用途にも有用かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です