仮想マシンでwin98を構築して、n64の吸い出し環境を整える その2

仮想マシンを作ります。いつもはVirtual Boxを使っているのですが、パラレルポートが使えないのでパス。

で、VMwere Playerを使ってみました。インストールは簡単で、ダウンロードして端末を開き、ディレクトリを移って

sudo (ダウンロードしたファイル名)

でインストーラーが起動します。

で、新しいマシンを作り、Windows98を選択すると適当な設定でマシンを作ってくれます。割と便利だったりwパラレルポートの追加はここを参考にしました(と言いつつ丸パクリw)インストールは、FDISKから始めます。(懐かしいと書きたいですが、現役だった頃にはまだ生まれてないかも)このページを見ました。古いものは説明が揃ってますw

Screenshot from 2014-06-21 14:26:21

インストール終わりました。いやー初めて使ったPCがXPだったのでそれ以前の世界です。が、小1の頃学校でMEを使ってたのでそんな古い感じもしないwパラレルポートのエラーで焦りましたが、上のページを参考に権限を変更する起動スクリプトを書けば問題なかったです。

N64 Version 3 Utilitiesは、ここから落としました。(いいのか)下の方にdownload hereがあります。で、ねこかぶ様のパッチを当てると日本語化+吸い出しの隠し機能がつきます。

改造関係など→N64を吸い出す→大容量のものを吸い出す

にでっかくここって書いてあります。ちなみに、さっきダウンロードした方は、タイプBの方でパッチできます。Screenshot from 2014-06-21 14:35:40

日本語化までしてくれます。次は吸い出しをしてみます。(USBアダプタ壊れてないだろうな…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です