Kindle Fire HD にAndroid 4.4.4 (Cyanogenmod11)を入れる

はい。今回やることはタイトルの通りです。

友達がKindleFireHD(以後KFHD)を買ったけど、AmazonのアプリストアにLINEがないと言ってきました。で、ググったところ、Playストアを導入する方法がありましたが、やってみると、モンストが対応してませんとでたり、いろいろおかしなことが起こりました。で、この純正ランチャー使いにくいし、RootしてあるからCyanogenmod入れね?と聞いてみたところ、パズドラができなくなるのは辛いけどまあいいとのことw

#ちょっと追記

最近アクセスログ見てるとKindle自身で検索して飛んできてる人が多いっぽいけど、これにはPCが必須です。また、モンストで飛んできてる人も多いですが、たかがモンストのためにここまでやるのは流石に…

  • 単にモンストしたいけど危険なことはしたくない
  • いまのKindleのUIで十分

って人は野良apkですることを推奨します。(でもアップデートが面倒らしい)

#追記終わり

ってことで、Galaxy Nexusの時みたいに、カスタムリカバリから入れていきます。TWRPを入れます。KFHDにもあるんだなw

で、バックアップからします。基本、boot0はバックアップ必須です。端末の固有情報が入ってるらしいです。

ここにしたがってバックアップしていきます。Windows用の手順っぽいので、Linuxでやるときはちょっと読み替えなくてはいけません。

ここからシェルで作業します。

  • mkdir ~/KFHD
  • cd ~/KFHD
  • adb shell su -c “dd if=/dev/block/mmcblk0boot0 of=/sdcard/boot0block.img”
  • adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.1/by-name/boot of=/sdcard/stock-boot.img”
  • adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.1/by-name/recovery of=/sdcard/stock-recovery.img”
  • adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.1/by-name/system of=/sdcard/stock-system.img”
  • adb pull /sdcard/boot0block.img
  • adb pull /sdcard/stock-boot.img
  • adb pull /sdcard/stock-recovery.img
  • adb pull /sdcard/stock-system.img

systemの転送は時間がかかります。フリーズはまずないでしょう。

準備するファイル:

Stack

kfhd7-freedom-boot-7.4.6.img

TWRP Recovery 2.7.0.0

kfhd7-u-boot-prod-7.2.3.bin

どうやら、kfhd7-u-boot-prod-7.2.3.binのリンクが切れている(というかgoo.imが使えない)ようです。(ゆーたさんありがとうございます)

Baiduの怪しいロダに上がっていたのであげときます(無保証)

これだけです。落としたファイルは全部~/KFHDに入れておきます。

まず、Stackでシステムに上書きします。

  • adb push stack /sdcard/
  • adb shell su -c “dd if=/sdcard/stack of=/dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.1/by-name/system bs=6519488 seek=1”
  • adb shell su -c “mount -o remount,rw ext4 /system”
  • adb shell su -c “mv /system/etc/install-recovery.sh /system/etc/install-recovery.sh.bak”
  • adb shell su -c “mount -o remount,ro ext4 /system”

です。危険な作業ですw

fastbootで焼いていきます。あと、fastbootの後に、 -i -i 0x1949 をつけて作業します。

(例: fastboot -i 0x1949 reboot)

ちなみに、fastbootに入るには、

  • adb shell su -c “reboot bootloder”

です。うまく行けばFastbootと表示されます。

で、fastbootコマンドは、sudoで実行しないといけません。

  • sudo fastboot -i 0x1949 flash bootloader kfhd7-u-boot-prod-7.2.3.bin
  • sudo fastboot -i 0x1949 flash boot kfhd7-freedom-boot-7.4.6.img
  • sudo fastboot -i 0x1949 flash recovery kfhd7-twrp-2.7.0.0-recovery.img
  • sudo fastboot -i 0x1949 reboot

bootloderを書き換えるので、ヘタすると死にます。

で、kindle Fireの、Fireの部分が起動途中に青色に変わります。その時にボリュームマイナスボタンを押していればリカバリには入れます。で、リカバリにはさっきTWRPをインストールしたので、TWRPが起動します。ちなみに、4.4系のROMを焼くには、TWRP2.7系じゃないとダメです。表示から、2.7にアップデートしたら、SELinux (なんちゃらかんちゃら)と出るようになりました。2.6ではCM11の焼く途中に失敗します。

で、CMはスナップショット版を利用します。そこそこ安定してます。で、僕はM10を焼きました。最新版でいいと思います。

あと、Gappsも入れます。CM11という項目があるのでそこから。

adbで転送します。同じく、~/KFHDにコピーしておきます。TWRP実行中は、ADBが動いています。

  • adb push cm-11-20140916-SNAPSHOT-M10-tate.zip /sdcard
  • adb push gapps-kk-20140606-signed.zip /sdcard

転送が終わったらいつものように焼きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずフルワイプ(Wipe→AdvancedWipe→System,Data,Devilk cache,cacheを選択→スワイプ)

で、インストール(Install→cm-11-20140916-SNAPSHOT-M10-tate.zip→Add More Zip→gapps-kk-20140606-signed.zip→スワイプ)

これでおk

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

↑ワァーオ

8000円で32GBという破格タブがCM入れれるなんてw

サクサク動きます。すごいこれ

コスパヤバいぞw

Kindle Fire HD にAndroid 4.4.4 (Cyanogenmod11)を入れる” への7件のフィードバック

  1. kindleのCyanogenmod11で検索してたどり着きました。
    当方もkindle fire HDにCyanogenmodを導入しようとしたところ、kfhd7-u-boot-prod-7.2.3.binがリンク切れとなっており入手できませんでした。他のファイルはXDAのスレッドから入手できたのですが・・・。
    もし当記事で使用したkfhd7-u-boot-prod-7.2.3.binが残っていればメールでも構いませんので頂けませんでしょうか?

    • スイマセン。先日もう要らないと思って削除してしまいました…
      一応探してみたんですけど、kfhd7-u-boot-prod-7.2.3.bin以外は全部見つかるっていう…
      goo.imの復活を待つしかなさそうです。また見つけたら記事にあげますけど、多分無いですね。

  2. 早急にお返事いただき有り難うございます。
    やはり安全性の高さでいうとgoo.imの復活を待つしかなさそうですね。。。

    とりあえず教えて頂いたBaiduで試してみて人柱となってみますw
    ありがとうございました。

  3. BaiduのファイルからCyanogenmod11を入れることができました!
    ありがとうございました。

    • おお
      それは良かったです!(確認も取らずに記事書き換えてたとは言えない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です