Galaxy Nexusはどこまで使えるか(ROM焼き編)

中古で買ったんですが、クアッドコア端末を使ってると、かなり衰えて見えます(リアルに衰えてますw)

で、Novo7 crystalの時みたいにカスタムロム入れたらいいんじゃね?と思ってたら、そうではないみたいです(例:動画再生が若干おかしくなる)

再生位置がずれたりします(多分ただのリソース不足)で、メーカー製4.2.2に戻すとかなりキビキビ動いたりw

まず、TWRPでも起動します。

fastbootへパスが通してあるなら、

電源を切って、音量マイナスとプラスを同時押ししながら電源ボタンを長押しします。

すると、ブートローダーモードで起動するので、

$sudo fastboot boot (TWRPのimgファイル

でおkです。直接リカバリ領域に書き込むことも出来ますが、戻すときだるかったりするのでこれで行きます。最新版のTWRP落としてたら問題ないでしょう。時々、古いROMだとインストール出来ないこともありますが、2.2あたりを使うと大丈夫です。

Wipe→Advanced Wipe→上4個全部チェック→スワイプ

で、フルワイプ(OS、dalvil cache、キャッシュ、データ(アプリとか。画像とかのユーザーデータはInternal Storage)できます。これでカスタムロムをインストールする準備はできています※これをすると、再起動してもGoogleのロゴで止まります。先にSDカードにUSBでROMとGapps(使うならカスタムカーネルも)をコピーしといたほうが楽です。(あとからTWRPの画面でADBDが動いているので、adb pushで転送することも出来ます。)

で、ホームに戻って、Install→ロムのZipファイル→Add More Zips→GappsのZipファイル→スワイプ

でインストールできます。カスタムカーネルつかうなら、Gappsのあとに続けてください。順番も、ROMが1番じゃないとダメです。ちなみに、この時はAOKPのJB-mr2のmilestone-2を焼きました。

で、インストールが終わると、Reboot Systemで再起動します。Googleロゴで止まってたら失敗してます。もう一回焼き直しです。

起動し終わると、初期セットアップが始まって、終わったらいろいろいじれます。AOKPだと、設定にROMコントロールがあって、色入りじれたりとか、Cyanogenmodだと、設定の項目が増えてます。けど、AOKPのほうが安定してる気がします(でも重い)

次は、入れてみて感想でも書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です