サーバーOSをArch Linuxに変えた

結構前の更新から空いてしまいました、お久しぶりです。

前はdebianで運用してたのですが、どうも使いにくいなぁと思ったのでいっその事Archで冒険してやろうと乗り換えてみました。

なのでこれは投稿テストも兼ねてますw

ところでArch、ライブcdから起動したあとパスワードを設定してsshdを有効化するだけであとはリモートでインストールできるのでとてもいいですね。

まあまあなれてきたのもあってインストールはつまずく事もなく終わりました。Xがないって楽でいいよね(笑)

というわけで、特に変わったコンポーネントは

/etc/network/interfaces → NetworkManager

ufw → firewalld

php7.1 → php7.3

って感じです。

NetworkManagerってGUIと使うイメージが俺的には強いのですが、nmcliを使えばCUI環境でも使えて便利ですね、これから積極的に使っていきたいです。

 

で、乗り換える際にちょっと躓いたのでメモ

・Crayon Syntax Highliterがエラーを吐く、そのせいで読み込みが止まってブログがマトモに表示されない

↑こういうの(結局Crayon Syntax Highliter便利だし以降がめんどくて抜ければいんですよね…)

https://crunchify.com/fix-for-crayon-syntax-highlighter-wordpress-plugin-and-php-7-3-fatal-error/

PHP7.3の仕様変更のせいのようです。一旦削除して上記のサイトから拾ってきたzipをアップロードしてインストールすれば解決しました。

 

・cronがない

MyDNSの更新にcronを使ってたのですが、Archにはデフォルトで入ってないんですね。

systemdが代替案として出てたのでそっちを使うことにしました。

まず更新するスクリプトを作ります。

うちはwww.mydns.jpでやるとipv4しか設定されず、うまく行かなかったので両方書いてます。

次、systemdのサービスを作ります

そしてそれを呼び出すタイマーを作ります

最後に有効化

systemdって便利ですね。

 

あとnginxがsites-enabledとか作ってくれなくなったんですね。

とりあえず前の設定ファイルを見ながら参照するように変更しました。

 

いろいろ変わってて大変ですが、とりあえず移行成功です。

 

そしてついでにゴミ捨て場に落ちてたヤバ電池(画像アップロードテスト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です