Raspberry pi で、コンポ的なものを作る

この前買ってきて、箱から開けただけだったraspberry pi。 なんとか便利に出来ないかなぁーと思って、MPDを使ってコンポに仕上げようと思いました。 インストール

  • $sudo apt-get install mpd mpc

これだけwwで、まず/etc/mpd.confを開いて、 bind_to_address “localhost” コレを見付けてコメントアウトする。 で、再起動。 データベースは、androidにあるクライアントアプリで更新することにする。 IMG_20140827_124207

昔のカメラで使っていたらしいケーブル。かったやつがタイプB+だったので、コンポジットがない。 オーディオ端子に統合されてるそうなので接続。 で、なんか順番が逆っぽい。赤が映像で、黄色が音声左になってた。

IMG_20140827_124432

写った。古い液晶なので、解像度が低すぎて読めない。LANを固定したら速攻でsshに切り替えるとしよう。 で、上のやつを入れて設定してってして、とりあえず動くようになったから試してみる。 Screenshot_2014-08-27-14-55-39

おお!適当に液晶モニタもどき(上のアレ)作った時に200円スピーカー入れてたから、ごっついショボイ音が鳴ったwでも、鳴ったからおk 別のスピーカーつなぐことにする。てか、画面表示は必要ないと思うからksモニタごとはずす。 MPDって、クライアントにID3タグ送ってくれるからいいねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です