【Kobo Glo】アップデートを回避して3.1.1で常用する

久しぶりのKobo Gloネタです。

やっぱり動きが重いんですよね、最近のKobo。

これまで3.19.なんちゃらと移植版CFWを使ってなんとか使っていましたが、常にアップデートされる危険がある上、ストレスが溜まるという状況だったので思い切ってダウングレードしてみました。

まず、Koboを初期化します。たしか3.1.1のアップデータを配置するだけでダウングレードはできるはずなのですが、データベースを初期化することでちょっと動きが良くなるはずです。

初期化すると、僕のKoboではバージョン2.5あたりになりました。

まず最初にセットアップをする必要がありますが、WiFi経由でセットアップしようとすると最新FWにアップデートされてしまいますのでPCのKobo Desktop経由でやります。

また、初期設定のあとに必要なのでKobo 3.1.1のファームウェアもダウンロードします。GloはMark4、AuraはMark5です。

Mid December 2013 Release – 3.1.1 – The 127 Hours release

Mark 4 Hardware: Aura HD/Glo (N905C Model)
3.1.1 ()
http://download.kobobooks.com//firmw…date-3.1.1.zip

Mark 5 Hardware : New Aura
3.1.1 ()
http://download.kobobooks.com//firmw…date-3.1.1.zip

引用元:https://www.mobileread.com/forums/showthread.php?t=185660

Kobo Desktopを起動し、普通に初期設定を済ませます。

終わったらKoboを抜くように指示されますが、抜かずにKoboのストレージを開き、.koboのなかのKoboRoot.tgzをさっきダウンロードした3.1.1のKoboRoot.tgzで上書きします。

そして抜くと3.1.1にアップデートされています。

この状態でCFWを導入します。

http://redygo.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

にあるリンクからkobo CFW 0.96 β2をダウンロードして、解凍して.koboのなかにつっこみます。

しかし、このままではほっとくと勝手にアップデートされていますので対策します。

WiFiに繋いだ状態でtelnetとftpが使用可能になるので、適当なftpクライアントとかで

IP:設定→デバイス情報にかいてあるやつ

ユーザー:root

パスワード:なし

にログインし、/etc/hostsをいじります。

中身は

こんなふうになってるハズなので、

こうします。

Koboのファームウェアのダウンロード先を自分のアドレスにすることで必ずアップデートのダウンロードに失敗します。試した感じ、同期とか本の購入には影響ないみたいです。

 

というわけで、また快適にKobo Gloが使えるようになりました。やっぱ3.1.1はCFWがフルで動くのでいいですね~。

ちなみに、これはGloでやった記事ですが、友達のAura(Mark5)でやっても普通にできました。

あわせて読みたい

11件のフィードバック

  1. はい より:

    わけわからん
    どうしてアクセス拒否する?
    中国=スパムなのですか

    どういう思考回路してんだろう

    • haruroid より:

      はじめまして。
      どうやらリモートホストが規制対象だったようですね。
      中国=スパムとは微塵も思っていませんが、中国からのスパムが断トツで多いのも事実です。
      1年ぐらい前のことですが、中国からのスパムコメントのせいでサーバーが機能不全に陥ってしまったため、中国を含むスパムが多い国を規制しました。
      ご不便をおかけしますが個人ブログなので勘弁願いたいです。IPを教えてくれればホワイトリストに入れることもできるので良かったら教えてください。

  2. PG_MANA より:

    こんにちは。お久しぶりです。
    ツイアカが消えて少し寂しくなりましたが…
    スパムコメントはほんとやめてもらいたいですよね…
    スパム対策にはGoogleのreCAPTCHAが結構効きます。何十件とあったスパムが現在0件です(ついでにコメント前消ししてコメントがないくなりましたが…)
    「Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoft」というプラグインを使ってます。よかったらどうぞ。
    失礼しました〜。

    • haruroid より:

      こんにちは!
      ほんとに久しぶりですね(笑)
      >スパム対策にはGoogleのreCAPTCHAが結構効きます。
      なるほど…時々見る写真を選んだり文字を打ったりするアレをコメント欄につけるってことですね
      確かにスパムがきれいになりそうです…
      ちなみにスパムコメントがなくなったとのことなんですけど、海外ホスト規制等は一切してない感じでしょうか?
      自宅回線なので(コメント関係なしに)無駄なトラフィックを発生させたくないっていうのもあるんですけどね…

  3. PG_MANA より:

    今は「私はボットではありません」のクリックだけなのでなかなか便利です。
    >海外ホスト規制等は一切してない感じでしょうか?
    そうですね。同一IPからの過激アクセス遮断くらいですかね。
    かなりreCAPTCHA突破には技術がいるようなのでよほどのところに目をつけられなければ大丈夫そうです。
    一日4〜5は来てたのがなくなりました。
    まぁそもそもそんなに人も集まらないので、有名所になるとプラスアルファしないといけなさそうですが…

    • haruroid より:

      返事遅くなってすいません!
      なるほどそんなに効くものなんですね…
      アクセス解析を見てるとスパマーと思われるホストのUAは大半XP+IE6というのが気になります…
      UAなんてかんたんに偽装できますが実はどこぞのBotnetだったりして..?
      確かにPV数なんて雀の涙ほどだしそんなにカリカリ対策しなくてもいい気がしますね…
      教えていただき感謝です!

  4. hyde より:

    ありがとうございます、koboのfwアップデート回避について調べていたので助かります。
    実は、本文の中の
    >WiFiに繋いだ状態でtelnetとftpが使用可能になるので、適当なftpクライアントとかで

    >IP:設定→デバイス情報にかいてあるやつ

    >ユーザー:root

    >パスワード:なし

    >にログインし、/etc/hostsをいじります。

    …のあたり、不勉強な者でよく分からないのです。
    ログイン…どこにログインするのか?といったことから躓いておりまして…すこし分かりやすくご教示頂けると幸いです。

    • haruroid より:

      はじめまして
      ログインというのはftpでkoboにログインするということですね
      Wi-Fiに繋いだ状態でkoboの設定→デバイス情報を開くとIPアドレスが書いてあります。
      (Windowsなら)コンピュータを開き、アドレスバーに
      ftp://IPアドレス(例:ftp://192.168.11.15)
      といった感じで入力するとログインプロンプトが出てくるのでユーザーにrootと入れてEnterを押すとkoboのシステム領域が見れます。
      そこで/etc/hostsをメモ帳とかで開いて編集すればいいです。

      • hyde より:

        ありがとうございます、うちのpcでやってみましたが、できました!
        お世話かけました(汗)

  5. hyde より:

    すみません、自己解決しました…「エクスプローラー FTPクライアント」で検索したらあっさり出てきました。
    貴重な情報、ありがとうございます!

  6. hyde より:

    すみません、自己解決しました…「エクスプローラー FTPクライアント」で検索したらあっさり出てきました。
    貴重な情報ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です