Windows7 64Bitでbwthelperを使う

お久しぶりです。絶賛テスト期間中のはるろいどです✋

今回は、BonDriverをWindows Media Centerで使えるようにする仮想チューナーソフト、「bwthelper」をWindows7 64Bitで動かせたのでレポートします。

お前そんなん楽勝やんけって言われそうなのですが、毎回ドライバ署名を無効化するのはめんどくさいのでオレオレ証明書で署名するという手順を入れた結果未知の領域に入ってしまいめっちゃ大変でした…(先達に感謝)

まず、bwthelper本体を入手します。

ReadMeに「転載は禁止です」と書いてあるのですが、もともとあった2senのDTVアップローダが消えてしまっており、http://www3.wazoku.net/2sen/dtvup/に再アップされていました。

本人がしたのか他人が転載したのか定かでないですが本人が再アップしてくれたということにしてありがたく利用させてもらいます。

ファイル名は「up0326.zip」です。

次、

Windows Driver Kit (WDK)をダウンロードします。

基本全部次へを連打でいいです。

もしかしたらVisual Studio 2015のインストールが必要かもしれません。

Community版は無料で使えますので必要だったらダウンロードしてください。

また、ファイルが足りないとか言われたらMicrosoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 4をインストールしてください(手探りでやってこの手のソフトを大量に入れたためどれが必要でどれがいらないかちょっとわからなくなってます…多分WDKだけでいいはず…)

 

それでは管理者でコマンドプロンプトを開きます。

と打ちます。(一行ごとにエンター)

あとこのウィンドウは後で使うので消さないでください。

やってることは

WDKのディレクトリに移動→TestCertという名前のオレオレ鍵を作成→作った鍵をルート証明書に追加→作った鍵を信頼できる発行元に追加

という感じです。

次、bwthelperを展開します。やりやすいのでCドライブ直下にbwtというフォルダを作って展開することをおすすめします(それ前提で書いていきます)

さっき開いたコマンドプロンプトに続けて

と打ち込みます。

そして一旦再起動します。

再起動し終わったら、もう一回管理者でコマンドプロンプトを開き、

とやり、チューナーをインストールします。

多分Successとなるはず

あとはbwthelper.exeを開いたあとMedia Centerを開いて設定するだけです。

bwthelperのショートカットをスタートアップに入れとくと便利です。

ここまで動いたらもう勝ち同然。

データ放送も使えます。

やったぁ!

ちなみに、bwthelperのReadMeにはBonDriverUDP都の相性が悪いと書いてありましたが、どうやら同じネットを経由でもBonDriver_Mirakurunなら普通に使えるみたいです。

ノートPCで使うとほんとに便利だと思いました。

思い出しながら書いていったので間違ってるとこあるかもしれません。動かなかったらコメント書いてくれるとうれしいです。

ちなみに、ドライバの証明はhttps://blogs.msdn.microsoft.com/jpwdkblog/2009/05/19/inf/を見ながらやりました。コピペみたいになってすいません…

ではでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です